なにもなさ世界クラスの大仙古墳(仁徳天皇陵)一周してみる

ぼくの所属する会社では、月1万円までの「文化教養費」がもらえます。

これは「自身の教養を高める体験」に対して会社が補助をするもので

博物館や映画館などの入館料や、トレーニングジムなんかにも利用できます。

今回は、上限1万円を使い切る気で大仙古墳に行ってきました。

チャリで来た

クルマ🚗 で来ました

車内掃除しないと

大仙公園まできたのは思いつきでしたが、愛車にはつねに自転車を積んでいたので散策し放題です。

大仙古墳は、2019年に大阪ではじめて「世界遺産」に認定されました!ヤッター!
(正しくは、大仙古墳をはじめとした大阪府下の古墳群が認定された)

そのおかげか、土曜日ともなると駐車場は満杯。

すこし離れた第二駐車場にクルマを停めました。

古墳正面がいちばん近づける

とりあえず、古墳正面の鳥居まで到着。

よく勘違いをされる人もいますが、大仙古墳は一応聖域として祀られているので

基本的にはお堀を越えることができないどころか

平地だと前方後円墳をみることすら叶いません。

まあ見えても普通の森と変わりませんが…

地方だと古墳に登れる!入れる!みたいなスポットもあるので

すこし拍子抜けかもしれませんね。

ちなみに、大山古墳の周囲にある大小様々な古墳も一応は世界遺産なので

柵などで覆われていて入れないのです…残念。

この古墳正面だけは、一番外側の堀を越えて中心に近づけるスポットです。

とはいえ、べつに何もありません。

遠くから金属製の錆びた鳥居を眺めるだけ…

雲行きが怪しくなってきた!

一周開始

大山古墳の周囲はおよそ2.7キロ。

自転車だと本当にあっという間で、徒歩でも30分くらいで一周できてしまいますね。

というわけで一周スタート。

道はおもむき重視で石畳風になっている箇所もあるので、ロードバイクとかだと走るの大変かも。

道中は、一番外側の彫りを眺めながらゆったりと進めます。

つまらん

道は特別整備されているわけでもなくて、一部車道の路側帯を歩いたり

こういった路地的な道になることも。

ここはちょうど、古墳正面の反対側あたりです。

この雰囲気はちょっと好き

もしかしたら、夜に女性一人で歩くのはけっこう危ないかもしれないですね。

鳥かわいい

鳥くらいしか撮るものがなかった。

ということで一周して正面まで戻ってきました。

めちゃくちゃゆっくり走って、ちょうど20分ほど。

いい気分転換にはなりましたが、別におもしろくはなかったかな…

観光地と言うよりは、近隣住民の散歩コースって感じですね

この辺りの観光は大仙公園がメインになるかも

あまりにも時間が余ってしまったので、隣にある大仙公園を散策することに。

水辺あり、広くて手入れのされた芝生あり。

この公園は非常に良き。

この寒い時季でも、テントをはってのんびりしている家族連れがたくさんいました。

白い塔は第二次大戦の慰霊塔です。登れません。

あの塔に登れるようになれば、良い観光スポットになるかもしれませんね

博物館は脅威の200円

ここまで0円で楽しめているのですが、教養費を利用する目的としては失敗。

そこで、公園内にある「堺市博物館」にいってみました。

料金は大人一人200円。かなり安いですよね。

ちなみに博物館の前には「黄梅庵」なるものもあって。

ここでは無料でちょっとした庭園が見れたり、300円でお抹茶を味わえたりします。

なんだかんだ、ここが一番面白かったかも。

敷地内には屋根付きのベンチもあるので
暖かい季節にはゆったり読書に来たりしてもいいかも?

さて、博物館へ。

館内は三脚さえ使わなければ撮影OKですが、一部ダメな場所もあるので注意が必要です。

堺といえば、古墳!千利休!火縄銃!包丁!

ということで、一通りの展示はありました。

男の子なら、火縄銃エリアでは結構テンションが上がるかも。

とくに、現存する火縄銃で日本最長の「慶長大火縄銃」は間近で見れて迫力もあります。

「東洋のベニス」の次回作にご期待ください!

16世紀には東洋のベニスと謳われた堺。

いまでも日本全国に残る「堺」「栄」という地名には

堺の商人たちが由来と言われている地域もあります。

そんな歴史ある堺の代表的な観光地、大仙古墳。

まだまだ整備が進んでいないのか、観光地というよりは地域住民憩いの公園、的な雰囲気が漂っていました。

もう少し時間をかけて、古墳周りの道を整えてランニングスポットにするとか

上から古墳の形が観察できるようにするとか…

そんな感じで観光客に楽しんでもらえるスポットになればいいですね。

人生は冒険や!

余談

本当は1日中カラオケで過ごすつもりだったのですが

いま大阪府下の一部のカラオケが「滞在上限2時間」になっているらしくて。

土曜日の昼間に入ったのに、30分もすると店内に客は自分一人だけでした。

カラオケでバイトしていたので分かるんですが

こういう時はいつもよりバックヤードまで歌声が聞こえてきます。

カラオケ店員もたぶん退屈しているので、ぼくの歌声を暇つぶしがてら聴いていたかもしれません。

店員さんたちのためにも、裏声に気持ちを込めて歌いました。

聞いてくれてたかな。