堺市中区の隠れた史跡『土塔町公園』がキレイで面白い

みなさん、『行基』ってご存知ですか?

おそらく日本で生まれ育った方なら、日本史の授業で習う偉〜いお坊さんの名前ですよね。

そんな行基、実は堺市出身だというのも、市民には当たり前の知識だと思います。

 

さて、今回はそんな行基が奈良時代に作成した『土塔』をご紹介します。

堺市中区にある『土塔町』の町名の由来にもなった土塔は、住宅街の中に堂々とそびえ立っています。

この圧倒的迫力・・・ 実際に目の前に立ってみると、住宅街の中にあるこのピラミットのような土塔が、なんともミスマッチで面白い・・・!

この土塔、最初に作られたのは奈良時代(727年)のこと。現在の塔は平成21年に復元されたものです。

裏側は一面に草が茂っています。瓦が全面に敷き詰められた前面とは違い、こちらは往年の土塔を彷彿とさせ全く違った表情が楽しめます。

 

この土塔町公園の魅力は、土塔だけではありません。 公園内はかなりキレイに整備されていて、水道やトイレもバッチリ管理。

公園内を一周できる散歩道も用意されていますので、ランニングや風を感じながらのゆったりウォーキングにも最適です!

今は整備されている公園も減ってきているので、近くにこういった公園があると嬉しいですよね!

すぐ隣には遊具の用意された公園もあるので、大人は木陰のベンチで読書・子どもたちは遊具で鬼ごっこ、なんて過ごし方もできちゃいます! 小さな芝生やグラウンドもありますので、ワンちゃんのお散歩にも良さそうですね!\

さて、土塔町公園の魅力は伝わりましたでしょうか!?

こんなご時世だからこそ、整備の行き届いた公園でリフレッシュ!なんて休日も良いかもしれませんね。

それではまた!

 

土塔町町公園インフォメーション

住所 堺市中区土塔町162-26
アクセス 電車:泉北高速鉄道 深井駅より東へ1,100m
バス:南海バス 深井東町より東へ150m
堺市ホームページ https://www.city.sakai.lg.jp/smph/kurashi/koen/area/naka-ku/dotoutyou.html

※公園内には駐車場・駐輪場が御座いませんのでご注意下さい。
※公園に関するお問い合わせは、堺市の担当窓口(原池公園事務所:072-276-6818)へお願いいたします。

 

最近の記事

PAGE TOP